Profile

武田恭子。東京自由が丘生まれ 幼少期より活発で学校という枠に収まりきれず、たびたびの呼び出しに両親は苦労が絶えませんでした。

苦肉の策で、中学高校と女子一貫校に入れてもらいましたが、入学当日から校長先生のまじめなごあいさつを聞きながら笑いが止まらず、廊下に立たされる有様でした。

そのへんでようやく「自分を抑えなくては世の中に順応できない」ということを覚えて段々とまわりにあわせるようになりましたが抑えていった感情はやがて病気という形であらわれ17歳で生死をさまよい、半年ほどの闘病生活を送りました。

家族を始め、周りのかたがたの奇跡的な計らいのおかげでなんとかカムバック。

その時に『生きているのではなくじつは生かされているのだ』という大きな大きなギフトをいただきました。

高校も無事卒業し、華やかな短大ライフも楽しんで20歳で某テレビ局に入社。元来じっとしていられない私なので制作現場が希望でしたが、配属される場所は希望に反してネットワーク局やら営業やら対人関係の部署ばかり。

バブルまっさかり、連日連夜仕事だけでなく夜のお付き合いもしっかりこなしていたので、大きなストレスを抱え込み会社を休みたくなりました。

その頃仲良しだった同期の友人がバセドウ病で休んでいたので、彼女のお見舞いに行って私もその病気なら休めるし、スマートになっていくようだしなってみようと決意して、彼女の真似をして、思い込みのみでものの見事にバセドウ病となりました。〔笑〕

この時に、イメージが現実化するという貴重な経験をこのときにさせてもらいました。

3ヶ月ほど休職。

思い込みでなったので薬を飲まずに思い込みで治そうと決意。そこからはひたすら「治った」姿をイメージング・・・そこで数値もみるみる下がっていき、普通の人ではありえない回復をみせ、退院の日に担当医の先生に飲まずに溜めておいた薬を山ほど見せて「自分で治ったんだね!」とびっくりされました。

27歳で役員秘書を務めてましたがそろそろ会社にも飽きて結婚をしてみたくなりました。

そこでまわりのみんなに「私、結婚しますと宣言をして、同期の友人に紹介してもらった今のパートナーに出会ってすぐに結婚。

結婚式直前に2度目の生死をさまよう病気、卵管出血と卵巣脳腫に倒れ「あと5時間の命」というところでこれまた奇跡的な計らいでカムバック。主治医から結婚式はあきらめて欲しいと伝えられましたが、お医者さんを説得しちゃんと無事に結婚式ぎりぎりに退院。ここでもお医者さまにイメージングでの回復力の強さにびっくりされました。

28歳で退職。

そこから退職金で自分探しがはじまりました。自分に似合うカラーをさがしたり、セミナーに出てみたり、大好きな美容と出会ったのもこのころでした。とにかく出会うことは意味のあること。と捉え、なんでも勧められるままにすべてやってみました。

そのときのことが今とても生かされています。

30歳で長男を出産。

日本の子育てに窮屈さを感じ、パートナーにアメリカ支社への異動願いを出してもらってすぐに決まり、一家でシアトルへ。心ある素敵なお友達にも恵まれて、子育てを思いっきり自然の中で楽しみました。

パートナーが会社をやめました。そしてある日友人にイーチンというお金をふって出た目で運勢を読むという占いをやってもらったところ「Go EAST」と出ました。すぐにJEEPを買って炊飯器とお米と梅干を持って乳飲み子を抱えてニューヨークに向けて大陸横断での引越し。ニューヨークロングアイランドに住居を構えました。

そのころからまわりの方たちにその方にあったスキンケアーの大切さを伝えてお手入れすることを伝えはじめました。沢山の出会いをいただいて、それはとっても楽しい仕事でした。

4年ほどニューヨークを存分に楽しみ、シアトルと合計7年半のアメリカライフに終止符を打ち日本へ帰国となりました。

日本へ帰ってからは、ほぼアメリカ人となっていた長男にもとても刺激的な日々。私も長い間日本を離れていたために食事をはじめとし、言葉の伝わるありがたさ、きちんとした日本人もとても素敵、何もかもがありがたくて、以前より幸せ感が倍増していることを強く感じました。その気づきも素晴らしいギフトでした。

帰国後すぐに自宅でサロンを構えニューヨーク時代のお客様をはじめ、ご近所の方やご紹介いただいた方たちに心も身体も軽やかに美しくなるお手伝いをさせていただくようになりました。と同時に自分のスキルも磨けるようにと学びの日々でもあります。一生学び続けることに出会ってしまいましたので、興味が尽きません。

自分が軽やかになっていけること、ただそれだけが願いです。その楽チンさをまわりのみなさんとシェアーすること、それも自然に伝わっています。

軽やかに美しくなれることで積極的になれたり自信がついたり、さまざまなチャンスが舞い込んでくるようになったりとそれはそれはさまざまなドラマをみなさんと共有出来ることをとても楽しく幸せに思っています。

そしてイメージしたことは必ず叶うのだということを私の体験を踏まえてまわりの皆さんに伝えていきたいのです。

案外自分のことってわからないものです。かつての私もそうでした。

だからお会いする方たちにその方の気づいていない素敵なところを見つけてお伝えし、どんどん元気になってその人らしい花となって咲き誇ってくれることが私の喜びです。

ミセス・パイナポーと名付けたのは
夏に着るワンピースでパイナップル柄のものが大好きなんです。みんなから、よく似合うと言われています。
私がお店の名前を考えていたときにふと口にでた「ミセス・パイナポー」が、お客様や友人たちに大受けし、いつのまにかこの名前だけが歩き出しました。

口ずさむ瞬間にふと笑みがこぼれる・・・これが狙いです(笑)。 だからミセス・パイナポーは、うちに来て下さっているみんながつけてくれました。 これからみなさんと共に「美しく軽やかに」を目指して歩んでいきたいと思います。

明るい色が大好きで、家中きらきらきれいな色であふれています。

ハーフとよく間違われますが日本人です。

おちついてみられますが、あわてんぼです。

美しいものが好きで、美しい人も大好き。

楽しいことは絶対です。

そして何より、おいしいものには目がありません。

こんな私ですが、暖かいやりとりをお願いいたします。

エッセンシャルオイル親しんでいる歴20年以上
トリートメント件数延べ7000人以上
茅ケ崎にてアロマスクールを2010年より開設し今までに91名が卒業予定
東京都新宿住宅展示場や二子玉川住宅展示場にてアロマレッスン講師なども行うかたわら
小学校で子供たちにも心地よい香りの提案などのレッスンを行っております。
また結婚式等イベントなどでのディフューザー演出やオイルブレンドなどで楽しく美しい環境づくりを日々楽しんでおります。

アロマコーディネーター協会 認定アロマセラピスト
スイスライフレゾナンス社 認定セラピスト
モアコスメティック 認定セラピスト